“使えるノウハウ”と“使えないノウハウ”

今回は、“使えるノウハウ”と“使えないノウハウ”
という話。


インターネットは流れが早いですね。


ですから、多くのノウハウは時と共に古くなり、
その内容は使えなくなります。


世の名には多種多彩な情報商材が出回っております。


気を付けなければいけないのが、「サポートの有無」です。


例えば、数年前に発行されたノウハウがあります。
その時は誰もがこの通り実行すれば儲けれたでしょう。


でも今はもうこのノウハウは古すぎます・・・


なんてことになったら、売った人だけが儲かる仕組みですね?
売り切り型のノウハウはタイミングが重要です。


もし、サポートが別料金となっていましたら、サポート付きに
するか、購入しないか、のどちらかが良いでしょう。


次に多いパターンでは期間を限定したサポート、
例えば、購入後6ヶ月間はサポートします、とか。


これが販売側、購入者側、双方の妥協点としては良いのでは
ないでしょうか?


生涯サポートだと嬉しいのですが、購入者が増えれば労力が
大変だろうし、賢い方なら月額の有料サポートを立ち上げる
でしょう。


まとめると、情報商材購入のポイントは「サポートの有無」
です。

 
posted by admin at 05:43 | 商材レビュー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。